クイック空席照会
乗車地
下車地
出発日
※往路選択後、復路便も検索できます。

ガイダンス
予約センター

[高速バス専用ダイヤル]

06-6371-1131

  • [平日]
     10:00~19:00 
  • [土]
     10:00~18:00 
  • [日・祝]
     12:00~14:00
     15:00~18:00 

[ツアー専用ダイヤル]

06-6371-1171

  • [平日]
     10:00~19:00 
  • [土]
     10:00~18:00 
  • [日・祝]
     休業

忘れ物問合せメール


安全への取り組み

ブルーライナーでは、ご利用のお客様に安心してご乗車いただくため、安全運行の取り組みについて以下の項目を実施しております。

『貸切バス事業者安全性評価認定制度』について

ブルーライナー便の運行会社である「広栄交通バス」と「武陽観光バス」は、平成27年9月15日付にて『貸切バス安全性評価認定制度』の認定をいただきました。

「SAFETY BUS」のステッカー

『貸切バス事業者安全性評価認定制度』についての詳しい説明はこちらをご覧ください。

バス車内での交替運転手の仮眠について

4列シートバスの場合
運転席後ろの座席を交替運転手の仮眠スペースとして確保しております。
3列シートバスの場合
トイレ横に仮眠スペースを確保しております。

遠隔地での仮眠施設について

安全運行のため、乗務員が十分な休息を取ることを重要視しております。

遠隔地では、「ホテル」や「マンション」を仮眠施設として利用しております。

仮眠施設(マンション)の様子

乗務員の点呼について

ブルーライナーでは、全運行会社の乗務員の出勤時に必ずアルコールチェックを行っています。

また、アルコールチェック後には、運行管理者と対面での点呼を行い、乗務員の体調、運行経路、免許証の確認を行っております。

遠隔地の点呼においては、運行管理者及びその補助者が電話またはITを活用し、点呼を行っております。

日々の厳しいチェックにより乗務員各自の「安全・安心への意識」の向上を図り、人的ミスによる事故を未然に防ぐ体制を整えております。

安全点検について

バスが車庫より出庫前に「始業前点検」を行い、「整備管理者」がその確認を行います。

また、運行中は休憩毎に乗務員が車両の点検を行います。

乗務員の配置基準について

ブルーライナーでは、国土交通省により定められた高速乗合バス交替運転者の配置基準に基づき、運行しております。

昼行便
一運行につき500㎞まで 1名
一運行につき500㎞以上 2名
夜行便
一運行につき400㎞まで 1名
一運行につき400㎞以上 2名
参考資料
「交替運転手の配置基準(概要)」pdfファイル
「交替運転手の配置基準(解説)」pdfファイル

運行車両について

ブルーライナーでは、安全性の高い高年式車(新しい車両)で運行しております。

<広栄交通バス>

日野自動車
平成29年製 2台(デジタルタコグラフ搭載、ドライブレコーダー搭載、コンセント付、安全運転装置付)
平成28年製 2台(デジタルタコグラフ搭載、ドライブレコーダー搭載、コンセント付、安全運転装置付)
平成27年製 1台(デジタルタコグラフ搭載、ドライブレコーダー搭載、コンセント付、安全運転装置付)
平成26年製 2台(デジタルタコグラフ搭載、ドライブレコーダー搭載、コンセント付、安全運転装置付)
三菱ふそうトラック・バス
平成28年製 1台(デジタルタコグラフ搭載、ドライブレコーダー搭載、コンセント付、安全運転装置付)
平成26年製 1台(デジタルタコグラフ搭載、ドライブレコーダー搭載、コンセント付、安全運転装置付)
いすゞ自動車
平成23年製 1台(デジタルタコグラフ搭載、ドライブレコーダー搭載、コンセント付、安全運転装置付)

<武陽観光バス>

三菱ふそうトラック・バス
平成29年製 1台(デジタルタコグラフ搭載、ドライブレコーダー搭載、コンセント付、安全運転装置付)
平成27年製 1台(デジタルタコグラフ搭載、ドライブレコーダー搭載、コンセント付、安全運転装置付)
日野自動車
平成20年製 1台(デジタルタコグラフ搭載、ドライブレコーダー搭載)
安全運転装置について詳しくは、下記にてご確認いただけます。
日野自動車株式会社 公式ホームページ
いすゞ自動車株式会社 公式ホームページ
三菱ふそうトラック・バス株式会社 公式ホームページ

アミー号 安全運行の取り組みについて

詳しくはこちらをご確認ください。

ナイトライナー 安全運行の取り組みについて

詳しくはこちらをご確認ください。

PAGE TOP