航空祭見学ツアー

茨城県百里基地航空祭開催日:2020年度は開催なし

日本唯一 F-4 ファントムを擁していた百里基地

百里基地は関東地方で唯一戦闘機を擁する基地の為、首都防空という重大な責務を担っています。また自衛隊記念日行事の一環として行われる、「航空観閲式」が3年に一度行われる基地としても有名です。
所属部隊の第301飛行隊は戦闘機F-4EJ改を、第501飛行隊は偵察機RF-4E/EJを所有しており、正にF-4 ファントムⅡの為の基地といっても過言ではなく、2019年度までの航空祭ではF-4をメインとしたプログラム構成となっていました。
しかし2019年度には第501飛行隊の解隊、2020年度には第301飛行隊が機種更新をすることが決定しており、今年は航空観閲式のために航空祭は開催されないため、ファントムⅡが飛ぶ姿を航空祭で見ることはできなくなってしまいました。今後のプログラム構成がどうなっていくのか、注目が集まっています。

プラン作成中Waiting

DATA

過去4年の入場者数

開催日 天気 来場者数 ブルー
インパルス
2016.11.27 曇り 約5万人
2017 航空観閲式の為、未開催
2018.12.2 曇り 約4万人 ×
2019.12.1 曇晴 約5万人

昨年のプログラム内容

飛行展示
F-4
RF-4E
UH-60J
F-15
U-125
ブルーインパルス
地上展示
F-4
F-4 記念塗装機
RF-4E
F-15
F-2
UH-60J
U-125
U-4
T-7
P-1
C-2
UH-60
ブルーインパルス