T-7T-7

T-7

すべてのパイロットが通る道

T-7は航空自衛隊の初級練習機です。老朽化したT-3の後継機として製造されました。航空自衛隊は戦闘機、輸送機、ヘリコプターなど多種多様な航空機を保有していますが、すべての航空自衛隊パイロットは、静浜基地か防府北基地にてT-7初等練習機の教育訓練から始まります。
T-7初等練習機はプロペラがついていますが、エンジンはターボプロップエンジン搭載のジェット機になります。ターボプロップエンジンとは、ガスタービンの軸出力でプロペラを駆動して推進力を得るとともに、排気ガスの噴出による反動力も推進力とするエンジンです。レシプロエンジンと比べ速度向上や、騒音も低下しています。

データがありません

全長 8.59m
全幅 10.04m
全高 2.96m
最高速度 約203kt
航続距離 約950km