F-2A/BF-2A/B

F-2A/B

日米の先進技術の結晶

F-2は、F-1の後継として開発された航空自衛隊の戦闘機です。F-16をベースに三菱重工とロッキードマーチンとの共同で開発されました。公式な愛称ではないですが、関係者やファンからは「平成の零戦」や「バイパーゼロ」と呼ばれています。
F-16より一回り大型化し、巨大な対艦ミサイルを4発搭載できるように設計されているのが特徴です。本来、大型化は重量が増加し機動力が落ちるものですが、F-2は先進材料である炭素繊維を多用しての軽量化と、国内産航空機用エンジンとしては最大推力であるエンジンの搭載で補っています。また近代戦闘機には必須であるアヴィオニクス(航空電子機器)等、先端技術が取り込まれています。しかし、マルチロール機であるためF-15ほど挌闘には特化していません。
第8航空団が所在している築城基地の展示飛行は虜になること間違いなし!

F-2A/Bのデータ

全長 15.5m
全幅 11.1m
全高 5.0m
最高速度 マッハ約2.0
航続距離 約834km