夜行バス・高速バスブルーライナーの予約ならバスのる

航空祭・航空ショー見学ツアー|ブルーストークツアー

航空自衛隊が広報の一環として普段入ることの出来ない基地内を一般開放し、戦闘機のコックピットや装備品、戦闘機や輸送機の展示飛行など、老若男女問わず楽しめるイベントとして全国各地で行われています。
様々な展示の中でも特に人気があるのが、ブルーインパルスが行うアクロバット飛行!
2013年の入間基地航空祭では、たった1日間で32万人もの来場者が訪れたほど、航空祭はとっても楽しく人気のあるイベントです。

航空自衛隊を多くの人に知ってもらうために、全国各地の航空祭や国内で開かれる大きなイベントなどで華麗なアクロバット飛行を披露する専門チームが「ブルーインパルス」です。
白を基調とした機体に青いラインでカラーリングされた6機の専用機と、全国の飛行部隊から選ばれた凄腕のパイロット達は、宮城県にある松島基地の第4航空団に所属しています。
1958年の初展示飛行以降、東京オリンピック上空で五輪マークを描く美しい飛行を初め、大阪万国博覧会、長野冬季オリンピック、日韓ワールドカップサッカーなど、様々な場面で華麗な飛行をし、人々を魅了し続けています。
レインフォールやスタークロス、タッククロスなどブルーインパルスが披露するアクロバット飛行を初めて見た人は、その驚愕の飛行技術に圧倒されること間違いなしです。

航空自衛隊ブルーインパルス ホームページ

【必読】航空祭ツアーお申し込み時の注意事項

1.優先入場はございません。
航空祭見学ツアー企画に、航空自衛隊は一切の関与をしておりません。
航空祭は、全ての来場者が同等に入場を許可されております。
2.レジャーシート・脚立・三脚等の持ち込みはできません。
航空機が駐機する場所(エプロン)は、多数の来場者で溢れます。
そのような状況で、レジャーシート・脚立・三脚等を使用することは、他の参加者のご迷惑となり、怪我や事故・トラブルの原因となりますので、基地及び基地関連施設の多くではこれらの持込が禁止されております。
ご理解・ご協力の程、宜しくお願いいたします。
※ご参加される基地・基地関連施設によっては、グラウンド等の使用可能な場所が設けられる場合もございます。その際は、ツアー参加者にご案内いたします。
3.航空機が駐機する場所では、雨傘及び日傘の使用は禁止です。
航空機が駐機する場所(エプロン)は、多数の来場者で溢れます。
また、航空機からの排気等で傘が飛ばされる事故や怪我の危険性があります。
雨天時の見学には、カッパやポンチョなどをご用意ください。
4.見学する上で、不適切と思われる服装でのご参加はおやめください。
■不適切な服装
派手で奇抜な服装(軍服風や迷彩柄等の衣類など)
露出の多い服装(タンクトップ・キャミソールなど)
階段や梯子の昇降等に危険を伴うおそれのある服装(スカート等)
□適切な服装
帽子の着用(日射病や熱射病対策)
長袖の着用(日射病や熱射病対策)
5.必ず歩きやすい靴でご参加ください。
基地や基地関連施設では広大な敷地を長時間歩いていただくこととなりますので、必ず歩きやすい靴でご参加ください。
また、基地及び基地関連施設への入場時には、見学する上で不適切であると判断された場合に注意される履物があります。
これらのお履物はお控えください。(例:ハイヒール・ミュール・サンダル・下駄・クロックス・スリッパ)
6.飲酒された場合、基地及び基地関連施設への入場はできません。
安全確保や風紀維持のため、ツアー参加中(バス移動中も含みます。)の飲酒はお控えください。
「他の来場者は守っていないのに、なぜ私たちは注意されるのか?」等と思われることもあるかと思いますが、安全で楽しくご見学いただくために、ご協力をお願いいたします。
また、基地及び基地関連施設は国の管理下にあることをご理解いただき、見学のマナーをお守りいただきますよう、お願い申し上げます。