7月出発以降の夜行バスはリニューアルサイトよりご予約ください。

リニューアルサイトはこんなに便利!!

★マイページ機能が追加
これまで電話のみの対応だった、「予約のキャンセル」や「予約内容の確認」、「乗降場所の変更」がマイページから可能に!
★自転車および楽器の積込みがインターネットより予約可能
★ポイントシステムの導入
バス代金の1%がポイントとして貯まり、1ポイント=1円として乗車代金のお支払いにご利用いただけます。
※ポイントの利用には10ポイント以上所有している必要があります。
※ポイントを使用したご予約にはポイントは加算されません。
★キャンセル待ち機能(今後導入予定)

リニューアルサイトへ

予約の際は会員登録が必要の為、必ずメールアドレスが必要となり、メールアドレスをお持ちでないお客様はご予約いただけません。またお電話でのご予約は一人様200円割増からお一人様500円割増となります。
×

岐阜基地航空祭2018

  • 2018.11.18 晴れ
  • 来場者数:14万5千人

今年の岐阜基地は人気アニメの聖地として大盛況

  • 第一区分での演目を披露し、見事昨年のリベンジを果たしてくれたブルーインパルス 写真提供:yasu11さん

皆さんこんにちは!昨年はブルーインパルスが4年ぶりの飛来するも、天気に恵まれず編隊飛行のみとなった岐阜基地航空祭へリベンジを懸けて今年も行ってきました。

事前に知り合いの添乗員さんから関西から多数のツアーバスが出発するとの情報や、天気予報も晴れ予想だったので、混雑を避けるため急いで基地へ向かいました。私たちのバスが基地近くのバス降車場所に到着する頃には続々と観光バスが到着し、基地の中へ向かうシャトルバスは既に行列が。。。他の航空祭とは違い、ブルーインパルスの飛行展示が午前中に行われるため、お客様には急いでシャトルバス乗り場へ向かっていただきました。
私は諸事情で残念ながら基地の外での見学となり、低空の演目はあまり見えませんが、『キュービット』や『スタークロス』などは間近で見えたのでとても満足しました。

  • 見事なキューピット 写真提供:フジモト アスカさん
  • ブルーインパルスは青空が映えますね 写真提供:yasu11さん

一通りやる事を終えて、メイン会場の北会場へ。北会場には岐阜基地でしか見ることができない、国産ステルス実証機『X-2』とド派手なワシの塗装で人気の通称『オジロワシファントム』の地上展示に加え、岐阜基地を舞台にしたTVアニメ『ひそねとまそたん』の監督、樋口真嗣さんと声優の久野美咲さんによるトークライブが行われるとあって、どこもかしこも人、人、人。あまりの人混みにビックリです。

  • 岐阜基地でしか見れないX-2
  • 退役が迫っているオジロワシファントム
  • 「ひそねとまそたん」トークライブ会場は人だかり
  • 売店も大賑わい
  • 陸上自衛隊の74式戦車 写真提供:タツミ ノボルさん

滑走路を挟んだ向かい側の南会場は北会場に比べれば空いており、レジャーシートを広げてゆったり見学している方もおられ、混雑が苦手な人は南エリアがおススメです。

肝心の展示飛行はT-4、T-7、F-2、F-4、F-15によるオープニングフライトに始まり、午前中にF-2、F-4、F-15の戦闘機による機動飛行、KC-767による空中給油デモ、ブルーインパルスの展示飛行と盛りだくさん。午後は岐阜基地名物、異機種大編隊で締めくくる内容でした。

  • まそたんに扮したF-15が空を舞う  写真提供:yasu11さん
  • テスターカラーのF-2 写真提供:t.hasegawaさん

後日来場者数が14万5千人と発表があり、昨年より1万5千人も増え、岐阜基地航空祭の人気ぶりに改めて驚かされました。

最後に余談ですが、今年はエプロン地区への持ち込める荷物に制限が設けられていました。しかし実際に守っている人はほとんどおらず、隊員さんもしっかりと案内していないことにもビックリ。守っている人が損をするのだけは避けてほしいですね。

岐阜基地航空祭の紹介ページはコチラ

PAGE TOP