7月出発以降の夜行バスはリニューアルサイトよりご予約ください。

リニューアルサイトはこんなに便利!!

★マイページ機能が追加
これまで電話のみの対応だった、「予約のキャンセル」や「予約内容の確認」、「乗降場所の変更」がマイページから可能に!
★自転車および楽器の積込みがインターネットより予約可能
★ポイントシステムの導入
バス代金の1%がポイントとして貯まり、1ポイント=1円として乗車代金のお支払いにご利用いただけます。
※ポイントの利用には10ポイント以上所有している必要があります。
※ポイントを使用したご予約にはポイントは加算されません。
★キャンセル待ち機能(今後導入予定)

リニューアルサイトへ

予約の際は会員登録が必要の為、必ずメールアドレスが必要となり、メールアドレスをお持ちでないお客様はご予約いただけません。またお電話でのご予約は一人様200円割増からお一人様500円割増となります。
×

千歳基地航空祭2018

  • 2018.07.22 曇りのち晴れ
  • 来場者数:8万4千人

B747最後の雄姿!!千歳基地航空祭

  • 最後の雄姿となったB747政府専用機

7月22日(日)、今年で退役になるB747政府専用機が展示飛行する千歳基地へ行ってきました!

新千歳空港に着きまず驚いたのが気温。エアコンの中にいるような感じで本州とは段違いの涼しさ!あまりの涼しさに感動しながら、初日は宿泊先の苫小牧へ移動です。

苫小牧に来たなら是非とも見たいものがあり行ってきました。その場所は『苫小牧市科学センター』。ここは天文学を中心とした博物館でプラネタリウムなども無料で楽しめる施設なのですが、最大の見どころは本物の宇宙ステーション『ミール』が展示されている『ミール展示館』です。
実際に中に入ることもでき、宇宙での暮らしを想像したり大変有意義な時間が過ごせました。苫小牧に行かれる用事があれば是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

  • 宇宙に思いをはせる
  • 本物の宇宙ステーション
  • このように内部まで見学する事ができます
  • 近くで見ると大きさに圧倒されます

翌日はホテルから基地までバスで移動。渋滞もなく1番乗りで基地へ到着♪駐車場へ誘導されバスが止まった場所は会場になるエプロン地区の目と鼻の先!!航空祭は敷地が広大な為、移動するだけで疲れる場合もありますが、今回のようにバスツアーを利用するとかなり値打ちがありますよ。

この日のお天気は残念ながら曇り空で雲が低い為、午前中の展示飛行が軒並み中止。B747政府専用機もローパス1回のみ。天気が悪けりゃ地上展示だ!という事で初めての千歳基地をくまなく見学する事に。キッズトレインが大人でも乗車できたので乗車します。その後は【第一移動警戒隊】という珍しい部隊の地上展示を見学。

  • B747政府専用機ラストフライト
  • P-3C 哨戒機
  • 移動用多重通信装置のアンテナ
  • 無料で配布していたレッドブル
  • 航空祭限定商品を扱う売店も

午後からは段々と天気が良くなり『ブルーインパルス』の展示飛行と、プログラムを午後に振り替えた前年のレッドブルエアレース総合優勝の室屋義秀氏によるアクロバット飛行は無事に行われ、午前中のうっぷんを晴らすかのようにここぞとばかりに楽しみました。

  • デルタ隊形で北海道の空を舞う
  • 室屋義秀氏による圧巻のアクロバット飛行

B747政府専用機はこれで見納めとなり、最後の雄姿としては心残りな航空祭となってしまいましたが、新たにB777として生まれ変わる政府専用機を来年は見に行こうと心に決めました。

ブルーストークツアーとして初めて企画した千歳基地航空祭で、お客様が集まるか不安でしたが、羽田発、神戸発ともに多くのお客様にご参加いただきました。ご参加いただきました皆様ありがとうございました。また来年もツアーを企画しますので是非ともお越しください。

  • 何度見てもかっこいいF-15
  • 百里基地のF-4EJファントム特別塗装機

千歳基地航空祭の紹介ページはコチラ

PAGE TOP