7月出発以降の夜行バスはリニューアルサイトよりご予約ください。

リニューアルサイトはこんなに便利!!

★マイページ機能が追加
これまで電話のみの対応だった、「予約のキャンセル」や「予約内容の確認」、「乗降場所の変更」がマイページから可能に!
★自転車および楽器の積込みがインターネットより予約可能
★ポイントシステムの導入
バス代金の1%がポイントとして貯まり、1ポイント=1円として乗車代金のお支払いにご利用いただけます。
※ポイントの利用には10ポイント以上所有している必要があります。
※ポイントを使用したご予約にはポイントは加算されません。
★キャンセル待ち機能(今後導入予定)

リニューアルサイトへ

予約の際は会員登録が必要の為、必ずメールアドレスが必要となり、メールアドレスをお持ちでないお客様はご予約いただけません。またお電話でのご予約は一人様200円割増からお一人様500円割増となります。
×

美保基地航空祭2017

  • 2017.05.28 晴れ
  • 来場者数:5万人

山陰の空を飛行する新型輸送機C-2とブルーインパルス

    • 絶好の天気に恵まれブルーインパルスの演目は第一区分で実施 写真提供:JASDF

弊社では今回で4回目の訪問となる美保基地航空祭へ行ってきました。

関西から美保基地までは距離が近いため、例年『蒜山サービスエリア』にて時間調整を行いますが、この時の気温がなんと10℃とかなり寒かったです。

渋滞にハマることなく、7時前には基地入口まで100mほどの場所にあるバス専用駐車場へ。到着後お客様は少しでもいい場所で見れるように急いで門前へ向かわれました。

  • 去年も同じような写真を撮ったような。。。
  • この日は全体の3番目に基地へ到着

2014年は雨、2015年は晴れ、2016年は雨、という事で今年は勝手に晴れと予想をしていましたが、予想以上に素晴らしい天気の中、3月に配備された新型輸送機『C-2』の試験飛行や、美保基地名物『C-1』輸送機からの物量投下、そして先日の岩国では見ることができなかったブルーインパルスの展示飛行は快晴の時にしか見ることができない「第一区分」というパターンの曲技飛行を披露するなど最高の飛行展示となりました。
また、この日はブルーインパルスの展示飛行の後に『YS-11P』という輸送機が航空祭の翌日に任務を終え引退するという事で、引退セレモニーも開かれ、参加されたお客様の中には泣きそうになったと仰る方もおられました。

心配された帰りの渋滞も大したことがなく、予定時間前には帰着できて一安心。先日行われた岩国基地フレンドシップデーの来場者21万5千人と比べると、美保基地や芦屋基地はゆっくりと見学できるのでいいですね。来年も企画をするので是非ご参加ください。

  • 松江市高山分屯基地から参加した『高尾山レッドクラブ』による一糸乱れぬ展示飛行?(自転車による)
  • 岩国の時とは違いゆったり見学できるのが魅力

美保基地航空祭の紹介ページはコチラ

PAGE TOP