運輸安全マネジメント 日本海観光バス株式会社

企業理念

弊社は安全運転に徹し、事故皆無を第一の目標とし、細やかな気配りとサービス心を忘れることなく、地域社会から愛される会社となるよう全力で努める

1.安全確保最優先
安全確保の最優先がバス事業者の使命であることを深く認識し、社長及び役員・社員一同が安全確保に最善の努力を尽くす。
2.規定の遵守
輸送の安全に関する法令及び関連する規定を遵守し、厳正かつ愚直に職務を遂行する。
3.安全管理体制
安全管理体制を適切に維持するために不断の確認を励行する。
4.安全の情報
輸送の安全に関する情報については、積極的に公表する。

安全マネジメント(安全への取組み)

安全対策

  • ドライブレコーダーのカメラ増設
  • 乗務員教育用e-ラーニング導入

免許証ICチップ対応の高性能アルコールチェッカーを導入し、点呼をより確実なものにしています。
また、乗務員の日々の体調管理の為、血圧計、体温計等も点呼場に常備し、より一層の安全運行に努めています。

令和元年度内部監査結果

問題なし。
緊急救助訓練、バスジャック訓練を重点的に行う。

安全統括管理者

常務取締役 保田一夫

輸送の安全に関する基本的な方針

  • 1.社長は、輸送の安全の確保が、事業経営の根幹であることを深く認識し、輸送の安全の確保に最善の努力を尽くすため、すべての社員に意識を徹底させる主導的な役割を果たします。
  • 2.輸送の安全に関する法令を遵守の、安全管理体制の構築と維持に努めます。
  • 3.輸送の安全に関する計画の策定、実行、チェック、改善を確実に実施し、安全対策を不断に見直し、絶えず輸送の安全性の向上に努めます。
  • 4.輸送の安全に関する情報を公表いたします。